のびアート(死にトリ)

ネットの居場所ポータルサイト~死にたいのトリセツ~(https://shinitori.net/)のアート掲載ページです。のびアートは、多様な表現を通して、みなさんが個性や想いを表現したり、人と人がつながることのできる機会を設けるために開設しました。

作品投稿についてはこちらをご覧ください。

人生について

 

人生は嫌なことばっかりだ

つらいことばっかりだ

 

何故わたしは生まれてきたのだろう

 

何故生きなければならないのか

 

わたしはたくさんいやなおもいを

 

吐き出すことさえ難しい世の中だ

 

どうしたら強くなれる?

 

どうしたら死にたい気持ちが無くなる?

 

つらい思いはだれに話せばいい?

 

わたしのようなつらい気持ちを誰にもしてほしくはないよ

 

 

作:けいこ

無色透明

 

聞こえる外、雨の音

激しくもなく、緩くもなくて

そんな様子を

ただ、ぼんやり見つめる

 

遠いあの日の記憶に会いに行く

これだけじゃ、世界は変わらない

もう、戻れない

 

あの水滴は透明だ

なんの色にも染まれない

何も知らないまま

透明の壁に挟まれた

あの時の私に

 

 

流れる窓、水滴が

ゆっくりな流星のように伝う

その様子が

妙に美しくみえて

 

遠く霞む景色はぼんやりとしか

もう、あの記憶も霞んでいる

逃げ場が、無い

 

あの水滴は透明だ

何の色にも染まらない

気がついたら遅かった

何になることも無い

あの日の私は

 

 

すべてがつまらなくって

落ちてくる水滴を

窓の外を

見つめるだけ

目に映る日常の色

きっとは私は

その色にすら染まれない

 

 

あの水滴は透明だ

何の色にも染まることなく

消えていく

 

あの水滴は透明だ

私も同じだ

何にもなれずに

日常にも染まれずに

身動きが取れないまま

 

_____________

 

梅雨の詩です

無色透明って何色にも染まれなくて、それが周りと同じようにできない私自身みたいだなぁ、と、書いたやつです

 

作:海波

 

何だろうなぁ…

 

今の自分が間違ってるとは言わない。

無難に過ごして来た自分を認めていないわけじゃない。

動かなきゃ行けない…分かってるけど…

最初の動き出しは自分の中では順調だった。

足取りはとても軽く将来に対して何も悲観もしなかった。

その将来のために轍をつけて来たんだここからが本番だ!そう思っていた。

だが足取りを進めていくごとに自分が「無難」だと言うことに気づいた。

そう…本当に無難だったのだ自分の轍にはぬかるみや水溜り、草むらに入った形跡がまるでない、舗装された道を見て同じ道を辿っただけの跡。

とても焦った、必死に走った、周りの意見なんて気にして暇なんて無いほど走った。

結果は失速…今まで動いていた足はいつの間にか重圧、期待、視線、焦り、の重りがついていてとても足を上げることが出来なくなっていた。

もう無理だって思って足を止めようと思った時、皆んなが安定というゴールに走ってることに気づいた。

別に悪いとは言ってない、ただ怖かった、皆んな安定を目指して一点に集中してるから…

目も暮れずこれが正解という様に全力で安定にぶつかっていくその姿が凄く怖い。

置いていかれて初めて気づいた。

その時ひとりのじゃじゃ馬がこう言ったんだ

「別にこの道を渡らなくても良くね?やりたくない事をやったってキツイだけだし、自分は好きなことしてて楽しいよ?」

無責任だなって思った、だから止まっている、迷ってる。

この安定という道に轍をつけるのか。

初めてぬかるみ、水溜り、草むらに轍をつけるのか。

ぐちゃぐちゃになってる。

動き出したいきっかけが欲しい。

この重りを外してくれるきっかけが欲しい。

自分も無責任だなと気づいた。

 

*****

キャリアを轍と言う人がいたのでそれとかけてみました。

自分は絶賛就活の最中でこんなこと思ってます。

賛否はあると思うのですがこの気持ちと戦ってます。

 

作:何してんだ人

 

If

 

単純な疎外感がわたしを遮るように理解した

吸い取られたあの言葉は信じられないほど狂おしかった

とてつもない気持ちを抱えて歩く

あたまがおかしくなりそうで わたしは叫んでいる

助けを求める行為は甚だ馬鹿馬鹿しい

自分がどうなるかなど分からない未来で 自分は何をしているのだろう

心が破裂しそうでどうしようもない木曜日の午後

信じられないくらい感情が分からない 

 

作:King