のびアート(死にトリ)

ネットの居場所ポータルサイト~死にたいのトリセツ~(https://shinitori.net)の「のびアート」です。

作品投稿についてはこちらをご覧ください。

あいさつクマさん

ペンネーム:わ

ブルー

特別何がどうって事ではなくて、怒りたくもないし嘆こうとしてるわけでもない。ただ、元気ですとは言いたくない。そんな気持ちです。 ペンネーム:アオイロ

夕焼け

目に焼き付いた景色が離れない ペンネーム:しあ

気持ち

久しぶりに色鉛筆を握って描きました。鉛筆や定規も使ってみました。とにかく一心不乱に手の動くまま描いて完成しました。抜け出すことのできない現状、イヤーワームに乗せて言葉で表しきれないものを絵にしました。 ペンネーム:コウ

沈む。

重く沈んだ気分の時に思いのまま描きました。こんな感じの夢を見た日もあった気がします。 2度目の投稿です。 前回の絵にコメントくれた方、ありがとうございます。雑な絵ですが、どうか見てやってください。 ペンネーム:七海

 一番つらいこと 

この世で一番つらいことは何かそれはおそらくつらいときに 「つらい」って素直に言えないことなんだろうなぁ 【説明】少し前に、支援者の方と面談を行いました。 近況報告をして、日頃つらいと思っていることを吐き出した後に、支援者の方がふとおっしゃった…

クリスマスツリー

枯れた雑草がきれいだった。 作:medaka

水平線

水面下には氷山の一角のような沢山の心のぐちゃぐちゃがある 作:無形

「崩壊」

自身の心の中(現状、過去のトラウマ等)をイメージとして絵に起こしてみました。 作:七海

空虚

埋まることのないこころ 作:Shiare__

日常

朝起きて 目を開ける朝なのに暗い気がする外を歩く 子供の声がするすぐそこなのに遠く聞こえる周りと話す 皆が楽しそうでも、私だけ違うみたいなんでだろ、なんでだろ一人でずっと考える自分が悪いんだ、もういいやその時隣で声がする「おい、なんで元気ない…

世界はこんなに美しいのに。

わかってるさ、世界は美しい。わかってる、見る角度次第だ。僕にも、その美しさが感じられたらいいのに。本当の意味で。正しい角度で。作:空転

涼しい部屋

薄暗い部屋でクーラーを効かせる秋に入ってもまだ暑いまま作:Shiare__(しありぃ)

Deep Blue

魚のように、悠然と水の中を泳ぐことができたなら、どれだけ楽だろう。とかくこの世は生きづらい。人間やってるのは疲れる。魚になりたい。できれば大型の獰猛なヤツがいい。作:こー

apoptosis

油彩です見てくれた人が少しでも落ち着いた気持ちになってくれればいいなぁ、と思いながら描きました 作:かま

ペンヒルちゃん

フェルト細工でペンギンを作ろうと思ったらアヒルになってしまいました 作:Lost Traveler

(幸せ)

涼しい 真夏というのに 「涼しい」が気持ちいい その気持ちよさで幸せになれた 君の笑顔 私が「涼しいね」と 幸せな顔をしているだけで 皆が笑顔になってくれる 自由でいいんだ その感覚が幸せだった いつからか 初めて会ったあなたに 「涼しいね」と言うと …

夏の香り

いつも通っている京都丹後鉄道の橋梁。夏らしい風景を求めてパチリ。 作:cocotte

きらきら

誰かの一番になりたかった。 それは決して言葉にならない叫び。 そう伝えられたら、どんなに幸せでしょう。 そんなくだらない夢を見ていたんです。 目の前で消える“それ”に、必死で手を伸ばした。 「私を見つけて」 それだけが、唯一の願いでした。 作:ゆう…

向日葵

作:けいこ

人生について

人生は嫌なことばっかりだ つらいことばっかりだ 何故わたしは生まれてきたのだろう 何故生きなければならないのか わたしはたくさんいやなおもいを 吐き出すことさえ難しい世の中だ どうしたら強くなれる? どうしたら死にたい気持ちが無くなる? つらい思…

愛を込めて

辛い時にはいつも君がいた。 君は僕のこと何も知らないけれど、僕にとって君は太陽。 君がいるから生きてこれた。 一度も会ったことはないけれど、この好きという気持ちは絶対に嘘じゃない。 作:辰羊

無色透明

聞こえる外、雨の音 激しくもなく、緩くもなくて そんな様子を ただ、ぼんやり見つめる 遠いあの日の記憶に会いに行く これだけじゃ、世界は変わらない もう、戻れない あの水滴は透明だ なんの色にも染まれない 何も知らないまま 透明の壁に挟まれた あの時…

何だろうなぁ…

今の自分が間違ってるとは言わない。 無難に過ごして来た自分を認めていないわけじゃない。 動かなきゃ行けない…分かってるけど… 最初の動き出しは自分の中では順調だった。 足取りはとても軽く将来に対して何も悲観もしなかった。 その将来のために轍をつけ…

If

単純な疎外感がわたしを遮るように理解した 吸い取られたあの言葉は信じられないほど狂おしかった とてつもない気持ちを抱えて歩く あたまがおかしくなりそうで わたしは叫んでいる 助けを求める行為は甚だ馬鹿馬鹿しい 自分がどうなるかなど分からない未来…

ありがとう

前回投稿した「雨の日」の画用紙で花を作りました。 作:かめろんぱん

泣いてる 手首 悲しい

作:ケン

声に出せない沢山の私

あいつが居る。 でも嫌っちゃダメだよ。 綺麗事言うなよ。まあ、陰口とか手を出さなきゃ大丈夫。 よく言うでしょ、喧嘩は同レベルの者同士でしか起きないって。 ちょっと使い方違うんじゃない? いや合ってるかも。 分からない。 私に聞かないでよ。 ごちゃ…

恋の歌と母の歌

春ですね。恋の歌と母の歌を詠んでみました。季節の歌とはまた違っていいですね。 恋の歌 川沿いで 幼馴染(おさななじみ)と 話し込む それはね恋の 前奏曲(プレリュード)だね 母の歌 七十(しちじゅう)に 手の届こうと する母の 歌聴く時ぞ 胸の安らぎ 作:群…

雨の日

クレヨンで描いた絵が水で濡れて綺麗に光りました。 作:かめろんぱん